吉野家 牛チゲ鍋膳と牛すき鍋膳の感想

あまりにも腹が減りすぎて、吉野家で牛チゲ鍋膳を食べたので感想を書く。写真は大盛り。




第一感想は「めちゃくちゃ美味い!」だ。そもそも吉野家で一人鍋が提供された事が驚きなのだが、その味も驚きであった。辛さはピリ辛くらいで私にはちょうどいい。吉野家のキムチを食べた事がある人は、そのキムチと同じくらいの辛さと言えば分かりやすいだろう。


具材は肉、豆腐、白菜、ネギ、きしめんだ。大盛りを食べたが、意外に具沢山の印象を受けた。ただ豆腐がもう少し欲しかったが。牛チゲというだけあり、牛肉は多めに入っている。具材を御飯の上に乗せて食べるととても美味しい。そしてなんといっても、鍋の下で火が燃えているため最後まで熱々で食べられる事が嬉しい。


そんな牛チゲが美味かったので後日、牛スキも食べてみた。こちらには生卵が付いて来る。味は牛鍋丼に似ているが、若干濃いめの味付けだ。美味いには美味いが、牛チゲの方が私は好きだ。私は生卵があまり好きではないので、始めに生卵を鍋に入れ卵とじにして食べた。これまた美味い。


こうして二つを食べてみたが、正直ここまで美味いとは思っていなかった。その辺のすき焼店より美味いと言っても過言ではないだろう。興味ある人は是非一度ご賞味あれだ。

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加