FUJIFILM フジノンレンズXF14mmF2.8, XF23mmF1.4, XF18mmF2の写真を比較してみた



ということで、レンタル編レンズ紹介編と来て今回はレンタルしたレンズの撮影編だ。レンタルしたXF14mmF2.8 RとXF23mmF1.4 R、普段から使っているXF18mmF2 Rで実際に撮った写真を比較して紹介しよう。なお、X-E2を使用して撮影した高画質JPEGを非加工で縮小せず載せている(のつもりだったが、どうやらアップロード時に自動的に圧縮されてしまったようだ。悪しからず)。
23mmと18mmのボケ具合を比べてみた。
23mm, 1/4000, F1.4, ISO200

23mm, 1/4000, F2, ISO200

18mm, 1/4000, F2, ISO500

23mmと14mmの画角を比べてみた。
23mm, 1/60, F1.4, ISO1000

14mm, 1/60, F2.8, ISO5000

改めて見ると驚きが多い写真だ。同じ明るさの室内で撮影したが、最大開放F2.8の14mmはISO5000で撮影しているのに対して、最大開放F1.4の23mmはISO1000で撮影できている。かなり明るいレンズだ。ただし、コックピットにピントを合わせたが、23mmは戦闘機の鼻先がボケてしまった。
そしてなにより驚いた事は、ノイズの少なさだ。14mmはISO5000にもかかわらずご覧の通りの美しさ。X-E2の画像処理エンジンが凄いのだろう。
14mmは14mmにもかかわらず、歪みが殆ど感じられない。手前の被写体は傾くが、それはそれで悪くない。

こうして実際に23mmと14mmを比較しながら使ってみると、私は14mmの方が気に入った。室内が想像以上に美しく撮影できた事が大きい。

スポンサーリンク