今期アニメNo.1 シドニアの騎士が面白すぎる!

ストーリーの概要は公式ウェブサイトでも見てもらえば良いとして、注目するはその映像だ。おそらく全てのシーンが3DCGで作られている。ピクサーやディズニーのような感じの3DCGではなく、2Dを意識した3DCGで作られている。大友克洋とカップヌードルのcmのような感じだ。


CG制作はポリゴン・ピクチュアズという会社が担当している。ポリゴン・ピクチュアズは押井守作品やプロダクションIGの作品を手がけている制作会社。


日本のアニメの将来性をとても感じた。2008年あたりから多くのアニメで車などのオブジェクトは3DCGで作られるようになりだした。最近ではプリキュアのエンディングやバトルアニメの戦闘シーンで3DCGが多く使われるようになった。セルに手描きしていた時代からPCでの配色合成になって、そして今また新たな転換期が訪れているのかもしれない。ディズニー映画をはじめとする、アメリカの3DCGとは違う、ジャパニメーションの3DCGを世界に発信して欲しい。


【Amazon.co.jp限定】シドニアの騎士 一 (初回生産限定版) (ジャケットカード付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】シドニアの騎士 一 (初回生産限定版) (ジャケットカード付き) [Blu-ray]


キングレコード 2014-05-28
売り上げランキング : 167

Amazonで詳しく見る

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加