iPhone6とiPhone6 Plusのスペックの違いを比較



今回は、発表されたiPhone6とiPhone6 Plusの違いを書く。
値段
iPhone6:16GB 67,800円、64GB 79,800円、128GB 89,800円
iPhone6 Plus:16GB 79,800円、64GB 89,800円、128GB 99,800円

SIMフリーの価格だが、かなり高い。iPhone6 PlusはMacBook Airとほとんど変わらない値段だ。各キャリアがいくらで発売するかが気になるところ。ただし、今は格安SIMがあるのでSIMフリーを買ってそちらで利用した方が結果的に安上がりかもしれない。

重さとサイズ
iPhone6:129g H138.1mm x W67.0mm x D6.9mm
iPhone6 Plus:172g H158.1mm x W77.8mm x D7.1mm

ちなみに、iPhone5Sは112g H123.8mm x W58.6mm x D7.6mmだ。iPhone6 Plusはずっしり感じるかもしれない。横幅もiPhone5Sに比べて約1cmも大きいので、片手では持ち難そうだ。

ディスプレイ
iPhone6:4.7インチ。1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi
iPhone6 Plus:5.5インチ。1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi

どちらもRetinaディスプレイではなく、Retina HDディスプレイを搭載している。iPhone6 Plusの方が解像度が高く、キレイに表示されそうだ。

iPhone6とiPhone6 Plusの主な違いは以上だ。どちらのiPhoneもチップはA8、カメラは新しい8メガピクセル。F値は2.2で手ぶれ補正に240fps撮影、タイムラプス撮影に対応している。ただし、光学式手ぶれ補正はiPhone6  Plusのみ。NFCはどちらも対応だ。
私としては中途半端に大きくなったiPhone6よりも、コンパクトになったiPadのような存在のiPhone6  Plusが欲しいところ。携帯電話として使いやすいサイズはiPhone5Sのサイズが限界だと思う。正直、スペックは考えないでデザインのみで最も使いやすかったのはiPhone4Sだ。iPhoneを買ってiPadも買うならいっその事、iPhone6  Plusを買えば良いと思う。

スポンサーリンク