ブログ移行のおしらせ

2021年1月25日から、はてなブログへ全記事移行します。以降、このブログは閉鎖されます。

新URL https://shinanomatsumoto.hatenablog.com/

FUJIFILM X-E2でフィルムシミュレーションを全11種比べてみた

2021年1月25日から、はてなブログへ全記事移行します。以降、このブログは閉鎖されます。

新URL https://shinanomatsumoto.hatenablog.com/

今回はFUJIFILMのフィルムシミュレーションを比較してみようと思う。使った機種はX-E2、XF35mm F1.4で、絞りをF5.6に固定して撮影した。

PROVIA/スタンダード

ASTIA/ソフト

Velvia/ビビッド

PRO Neg, Hi

PRO Neg, Std

クラシッククローム

モノクロ

モノクロ Yeフィルター

モノクロ Rフィルター

モノクロ Gフィルター

セピア

以上だ。私はPROVIA/スタンダードが最も目で見たとおりの発色で気に入っている。人物撮影や記念撮影に使うことが多い。自然の風景にはVelvia/ビビッドを使い、アンティーク調の建物など室内ではASTIA/ソフトを使うことが多い。スタンダードとソフトはよくよく見ないと違いがわからない。若干発色が薄いのがソフトだ。まあ、自分が気に入ったものを使えばいいのだろうが、参考になればいいと思う。