いつの間にか改悪していたauのLTE料金プラン



私はiPhoneをauで月1,000円ちょっとで利用している。なぜか? まずiPhoneをauで利用する場合、以下のプランの組み合わせで利用している人が殆どだ。

LTEプラン 月額934円(またの名を基本料金という。LTEスマホで電話をするためのプラン。2年縛りが嫌な場合は月額1,868円)
LTE NET 月額300円(LTEでデータ通信を行うための契約)
LTEフラット 月額5,700円(LTEのデータ通信料金を定額にするプラン。月7GBまで利用可能)
で、私はWi-Fiでの利用がメインなのでLTE NETとLTEフラットを解約したのだ。なので月にかかるのはLTEプランの料金と通話料金のみとなっている。
ところが、2015年11月16日からこの方法での運用ができなくなったのである。「お前たちに選択の余地はない。おとなしく高額な通信料を払え」というわけだ。ちなみに私は16日以前に解約していたのでそのまま解約状態で利用できるようだが、今節約を考えている人は不可能だ。
この状況を回避する方法は無い。SIMフリー端末で日本通信のSIMで運用するにしても電話のみのプランは無い。それでもDMMモバイルや楽天モバイルでは1200円前後で通話とデーターのセットプランがあるのでそちらにしてもいいだろう。
ただ、私はモバイルの知識がある方だしこうして調べる事が出来るが、知り合いのオバちゃんはdocomoでXperiaをすすめられるまま買い、高い月額を払っている。オバちゃんはグーグル検索が有料だと思っている。携帯各社はもっと利用者に説明と自由を与えるべきだ。

スポンサーリンク