FUJIFILMユーザーが教える、X-T100を買うべきでない理由



FUJIFILMから新しいミラーレス機、X-T100が発表された。飛びつくのは早計だと思ったので今回はそれを書こう。

ポジション

FUJIFILMのミラーレス機はH、Pro、Tシリーズ、Eシリーズ、Aシリーズがある。Aシリーズは初心者というか、こだわらずとにかく簡単に撮影したい人向けの印象を受ける。CanonでいうKISSにあたる。Aシリーズ以外はどちらかというと写真が趣味の人やプロ向けといった印象だ。しかし、今回のX-T100はTシリーズながらAシリーズ寄りの印象を受ける、というか私は「これはAシリーズだろ!」と思った。

センサーに注意

このX-T100、TシリーズやEシリーズで定番のX-Trans(最新はX-Trans CMOS III)センサーを搭載していないのだ。仕様表では正方画素CMOSセンサーと記されている。これはAシリーズで使われているセンサーだ。そこで私はAシリーズ寄りの印象を受けたのだ。画像処理エンジンは何を使っているのか不明だが、特に記載されていないところを見るとAシリーズ以外で使われているX-Processor Proは使っていないと思われる。使っていれば売り出しポイントになるので記載するはずだ。

なぜTシリーズにしたのか?

なぜX-T100をTシリーズに入れたのか不思議でならない。正直、使いやすさで言えばFUJIFILMよりCanonやSONYのミラーレス機の方がはるかに使いやすい。ただ、色と解像度は圧倒的にFUJIFILMが良く、私はそこが(特に色が)気に入って使っている。そのFUJIFILMのカメラで、肝心のセンサーと画像処理エンジンが廉価版となればわざわざFUJIFILMにする必要はないと思うのだ。ちなみに、フィルムシミュレーション「ACROS」も対応していない。ファームウェアアップデートで対応するのだろうか。
というわけで、「お! 新しいTシリーズが出たぞ!」と飛びつくと後悔するだろう。FUJIFILMを使うなら、X-Trans CMOS IIIを搭載した機種を買う事をおすすめする。

スポンサーリンク