椎間板ヘルニアになった経緯から回復までの記録

ヘルニアになってしまったので、その経緯と私と同じくヘルニアになった人へのアドバイスを書くので参考と励みにしてほしい。




ヘルニアの経緯

特急あずさに乗っている時にじわじわと腰が痛くなってきたのだ。ただ、その程度の腰の痛みなら今までにもあったので大して気にはしていなかったのだが、そこから8時間ほど経過すると初期に比べてかなり痛くなってきた。そうは言っても「いつもより痛いかな」程度だったのでそこまで深く考えていなかった。翌日、かなり痛くなってきて座っているのも若干辛くなった。翌々日、今まで腰痛は1日もあれば治っていたので何かおかしいと感じる。3日目と4日目、かなり痛くて立ち上がるのも手こずるほどに悪化した。最寄り駅のアナウンスで降りようとするも、痛くてなかなか立ち上がれず電車のドアが閉まって降り損ねるほど行動に制限がつく。痛みのあまり正常時の1/5倍ほどの行動速度になっていた。5日目、ついに医者へ行く。

診断結果は椎間板ヘルニア。私の場合は腰のやや左下が激痛だったが、背中全体が痛くなる人や足が痛くなる人もいるようだ。重度軽度で言えば軽度の部類だ。これで軽度なのだから重度は恐ろしい。そして、自分でも気が付かなかったのだが、左足の感覚が鈍くなっていることが判明した。トゲのついた棒で突かれたのだが、左足は右足に比べ痛みを感じなかったのだ。また、筋力テストをしたところ、同じく左足に力が入らない事も判明した。

ヘルニアで手術をするのは稀なようで、私の場合はビタミン剤(神経を修復するB12)と湿布を処方された。そして家にいる時は横になっているようにと言われた。電気治療と牽引治療も暇な時に通院して行ってくださいとの事。


ヘルニアの原因

医者曰く、前かがみになっている時には体重×1.4倍の負荷が、座っても体重×1.4倍の負荷が、直立だと体重分の負荷がかかるようだ。私の場合、本を読む時に前かがみになりがちな事、Macをいじる時に目が悪いので画面に近く為に前かがみになりがちな事、腰回りを鍛える運動を全くしない事、普段運動しないくせにたまにプチ登山に挑む事など思い当たる節は多々ある。


ヘルニアの処置

医者の処方以外に試した事を書くが、医者の指示ではなく我流なので試みる人は医者に相談してほしい。家にいる時は指示通り横になっていたのだが、それ以外は普段通りに行動した。もちろん激痛で速度は普段の1/5倍だが。ただし、前かがみになる事は避けた。というか、激痛のあまりできなかった。不思議と私の場合、スクワットのような垂直移動は痛くなかったので屈むときは全てスクワットで行なった。少し痛みが引いた頃、YouTubeで腰痛ヨガを見て行なった。

その結果、痛み出した初日から8日程でかなり痛みは治まった。初日よりは痛みがない。このまま回復に行くことを切に願うが、再発しないように姿勢には気をつけて行きたい。


というわけで、ヘルニア記録でした。参考までに。

スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加