スーパーあずさ回数券廃止! 全席指定席で変わる事

新型あずさの写真


中央線特急のあずさ、スーパーあずさが全席指定席となるようだ。何がどう変わり、どういうシステムになるのか簡単にまとめてみた。

JRのウェブサイト(http://www.jreast.co.jp/press/2018/20181019.pdf)を参照。非常にわかりづらい。JRの説明はこれに限らずとにかくわかりづらい。

 

座席上のLEDが使われる

新型あずさの写真

新しいスーパーあずさに乗ったことがある人ならば気がついたかもしれないが、座席上に何か付いている。在来線のグリーン車のようなものだと思っていたがどうも違うらしい。

あれは3色のLEDで赤、橙(JR説明だと黄色だが、JR公式の画像は橙色。どっち?)、緑、に点灯する。意味は以下の通り。

指定席予約済み 空席
:途中の駅から指定席予約済み
空席 指定席予約済み

全席指定席という事で、その予約状況を客に知らせるための物だったのだ。

追記と修正
上記色分け、赤と緑の意味が逆だったので修正。

 

自由席が無くなるわけではない

客は指定席予約乗車券と指定席未予約乗車券が買える。

LEDが赤色の席の場合、指定席未予約乗車券で自由に座る事ができる。つまりここは今までの自由席だと思えばいい。

ただし、途中でその座席を誰かが指定席予約した場合、自由席ではなくなる。つまり、赤色でも途中で橙色や緑に変わるという事だろう。

「ここからは俺の席だ、どきやがれ!!」となるのだろう。うかうか昼寝もできない。

LEDが橙色の場合は、指定席未予約乗車券で指定席予約した客が来るまで座る事ができる。半自由席といったところだ。

小心者な私は「この駅からは私の席です」と言いだせない可能性がある。どうしましょう?

 

全席指定席で良くなる事

今までは自由席が混雑していて指定席が空いているという事があったがそういった無駄がなくなるだろう。

また指定席が完売でも途中駅まで空席だったり、途中駅から空席だったり、こういった無駄もなくなる。

そのほかチケットレスサービスも導入され、100円引きで買う事ができるようだ。

 

全席指定席で困る事

回数券がなくなる。これが一番困る事だ。

私の場合、金券ショップでバラ売りの回数券を買っていたのでその回数券がなくなってしまうのは困る。旅行だけでなく出張などで同じように回数券を買っていた人も多いだろう。

バラ売りの回数券の方が1,500円程お得なのだ。

これにより新宿ー松本を利用する人はバスに流れるのではないだろうか。あずさの回数券が安かったのもバスに対抗するための価格設定という面が大きかったと思う。

 

割引乗車券はネットのみ

回数券がなくなった事で割引券はネット割引(えきねっとトクだ値)のみになった。

回数券は繁忙期に使用できなかったが、えきねっとトクだ値は季節に関係なく使用する事ができる点はメリットだ。

ただ、えきねっとトクだ値は非常に使いずらいサイトなのでそこは改善して欲しい。インターネットを使いなれない人には余計に難しいだろう。

 

というわけで、中央線特急のあずさとスーパーあずさが全席指定席になり変わる事でした。なんともわかりづらく、混乱は避けられそうにない。2019年春から導入されるようだ。

スポンサーリンク

新型あずさの写真