ピロリ菌の検査結果発表! 陽性か陰性か?

ピロリ菌のイラスト


以前紹介したピロリ菌検査の結果が届いた。井戸水を飲んだり、湧き水を飲んだり、ベトナムへ旅行したりと感染しそうな思い出があるので不安だった。気になる結果はこちら。

ピロリ菌検査の結果

ピロリ菌の検査結果

陰性!!

まあ大丈夫だろうと思っていたが、そうは言っても子供の時に祖母の家で井戸水飲んだりしていたので若干不安はあった。学校のキャンプや登山学習で湧き水を飲んだ事も不安要素だった。

 

積極的に検査を

ピロリ菌の感染経路は水だけではない。

ピロリ菌の感染者から感染る場合もあるのだ。

つまり家族の誰かが感染していた場合、感染する可能性がある。なので子供だから大丈夫というわけではない。

家族で検査を受けてみるのもいいだろう。尿を送るだけなので検査による副作用は全くない。とても簡単だ。

 

また、一度陰性でもその後感染する可能性もある。

例えば海外旅行。日本は清潔でも東南アジアやインドなど不衛生な国は多い。というか、水道水が日本ほどキレイな国も珍しいと思う。

直接水を飲まなくても水で洗った生野菜などから感染する可能性もある。

なので健康診断同様、陰性が出た人でも定期的に検査を受けた方が良いだろう。

ただし、私がやった尿検査はピロリ菌の抗体で判断するものなので、一度感染した人はピロリ菌の除去ができていても陽性となる場合がある。

その場合は抗体検査以外の検査を受ければいい。

 

陽性でも大丈夫

たとえ陽性でもそこまで落ち込むことはない。

1週間薬を飲めばピロリ菌は除去できる場合がほとんどだ。そこで除去できない場合はもう1週間薬を飲む。

ちなみに、ヨーグルトなどで対処しようとしても効果はない。重要なのは緩和するのではなく除去することなのだ。ヨーグルトは緩和はできても除去はできない。

以前の記事でも書いたがピロリ菌と胃癌の関係性はWHOで警告されている。

参照
武田製薬株式会社『胃がんとピロリ菌の関係』より
www.pylori-story.jp/disease/disease/cancer/

陽性で放置するのは危険なのだ。自分がピロリ菌に感染しているかわからない人は一度検査を受けてみることをオススメする。

スポンサーリンク

ピロリ菌のイラスト