有名人の時間を買えるタイムバンクとは? 儲かる?

タイムバンクの画像


タイムバンクを知っていますか。アイドル、俳優、専門家など著名人の時間を買い、自分のためだけに時間を使ってもらるサービスです。それでは詳しく見ていきましょう。

タイムバンクのウェブサイト
https://info.timebank.jp/

タイムバンクとは?

「時は金なり」というサービスの事です。人の時間を売買できるのがタイムバンクです。

例えばアイドルの時間を買って、その時間で自分専用の動画メッセージを送ってもらったりできます。アイドルの時間を買う事で可能になるのですね。

道で声をかけて動画メッセージくださいと言っても「は?」となりますが、本人が時間を売って、それを買っているので成立するのです。

他にチャットなんかもできますし、チェキを撮って送ってくれたりもします。

アイドルだけではなく、専門分野の人、音楽家、デザイナーなどなど、時間を売っている人は様々です。

例えば、落合陽一さん。彼の時間を買う事もできます。

落合陽一さんから専門分野の相談とアドバイスをもらう事ができます。もらうと書きましたが、落合陽一さんから相談とアドバイスに使う時間を買うというのが正確です。

 

いくらで買うの?

いくらで時間を買うかはその人の人気により左右されます。株と似ています。

例えばこの二人。

タイムバンクの画像

 

同じカテゴリですが、値段が違います。これはその人の時間の価値が違うからです。人気になって彼女の時間が貴重になれば値段は上がります。人気がなくなれば下がります。

落合陽一さんの時間の値段です。時間の価値は人によって違うのです。

タイムバンクの画像

 

注意点として、1秒から買って使えるわけではありません。

10秒から買え、使うときはその人によって最低秒数が決まっています。

落合陽一さんからの相談とアドバイスは1,800秒~18,000秒が必要です。落合陽一さんの時間の値段が663.6円/秒なので最低でも1,194,480円かかる事になります。

安倍乙さんからの動画メッセージは200秒が必要です。安倍乙さんの時間の値段が32.0円/秒なので最低でも6,400円かかる事になります。

秋元康さんプロデュースのアイドルから自分専用の動画メッセージを送ってもらえると考えると安いと思います。

何を提供しているかは人それぞれで売る側が決めます。ちなみに、この時間の提供を「リワード」といいます。

 

タイミングよく売れば儲かる?

先ほども少し書きましたがその人が人気になると時間の値段が上がります。

つまり、安く買って、値段が上がった時に売れば儲かります。3円/秒の時に30万円分買って、30円/秒で売れば300万円が手に入ります。

でも実際はそう簡単にはいきません。なぜか?

それは出来高が極端に少ないからです。あの落合陽一さんですら売気配10、買気配40です。

タイムバンクの画像

 

いくら売りたくてもその値段で買ってくれる人がいなければ売れません。

さらに都合が悪いのが買う事はできる事です。「トレード」という個人間の売買(株の板と同じ)以外に、「購入する」というボタンがあります。

これで好きなだけ買う事はできます。売りがなくても買いができるのです。ここが株と違います。でも、買いがいないと売りはできません。

 

投機に向かない!?

上記にも書いた通り売買しにくいので投機には向きません。おすすめしません。

そもそも使っているユーザーが投機目的ではないです。

買った時間を売って儲けるのではなく、買った時間でメッセージをもらったり相談に乗ってもらったりというリワードに使うユーザーが大半です。なのでトレードに流れにくいのです。

というか、リワードがメインのサービスなので当然といえば当然です。

 

50秒タダでもらえる!

最後に私の招待コードを載せておきます。『X9CFcO』です。

タイムバンクの画像

 

上のコードを招待コード入力欄に入力すると5枚チケットがもらえます。それでランダムに5人分の時間を10秒ずつもらえます。

これで0円でとりあえず5人の時間が手に入るのでタイムバンクのシステムをつかむのにいいでしょう。

ちなみに、私は600円ちょいの価値がある時間をこのチケットで入手できました。

タイムバンクの画像

 

興味ない人だったので全員売りに出しましたが、一人しか売れませんでした。先ほども書いた通り出来高が極端に低いからです。

なので600円分の時間があっても、600円分の金が手に入るのはまだまだ先のようです。

スポンサーリンク

タイムバンクの画像