【即退会】Amazon Audibleを使った感想

audibleのアプリ操作画像


良いサービスかと思いきや、なんとも騙された感が強い。Amazonで本を買う時、Audible版があったので試しに使ってみた。その感想を書く。

一部のタイトルは紙の本、Kindle本、オーディオブック、の3種類から選べるようになっている。

注意!

まず注意点から書く。なぜなら気の早い人がこの記事の途中で会員登録しないようにするためだ。

このオーディオブックサービスのAudibleは、Amazonのサイトに掲載されているがAmazonの直接的なサービスではない。

一応、「AudibleはAmazonの関連会社である」とAmazonのサイトに書かれているがAudibleのサイトやオーディオブックの管理はAmazonのサイトとは別の専用サイトで行われる。

私はKindleでその購入から聴くまでを行えると勘違いしていたが、Audible専用のアプリをダウンロードする必要がある。

そのアプリの提供元はAmazonではなくAudibleだ。

さらに、退会手続きもAmazonのKindle Unlimitedの退会のように簡単ではなかった。

その退会方法はブログに書いたので退会したい人は参考にしてほしい。

【図説】Amazon Audible退会方法と注意点

なんとも騙された感が強い。

しかも、1ヶ月無料で聴き放題なのか、1ヶ月の会費が無料で1冊だけ聴けるのかわからない。おそらく後者。

audibleのアプリ操作画像

この事を踏まえた上で、無料体験するかどうか決めてほしい。

 

Audibleを使った感想

インターフェース
インターフェースはそこそこ使いやすい。iTunesで音楽を聴く時と同じ感覚で操作できる。ゆっくり再生、いそぎ再生ができるので嬉しい。

audibleのアプリ操作画像

 

マイデーターでは何分聴いたかなどがグラフで表示される。

audibleのアプリ操作画像

 

車モードもあるが、運転中にスマホを操作するのはよろしくない。Siriのショートカットで操れるかは不明。

audibleのアプリ操作画像

 

朗読である
曲と違い周囲がうるさいと聴きもらす事もあり、iPhoneで電車の移動中などに聴く事には向かない。

音楽でなく、読書でなく、朗読なのだなと思った。

読書と朗読。この違いは本の内容に対する印象も変える。読書は自分の都合のいい感情で解釈できるが、朗読は読み手の感情に影響される。

 

冊数が少なすぎる
本当に冊数が少なすぎる。40万タイトル以上が楽しめると書かれているがほとんどが日本語以外の言語だ。

数少ない日本語の本の中で聴きたい本は3冊くらい。落語もあるが、ならばSpotifyでいいだろう。

これで月額1,500円は高額すぎる。

 

オススメしない!

上記の感想を読んでもらえば分かる通りオススメしない。

一番はさもAmazonの直接サービスであるような雰囲気で会員登録(Amazonアカウントを関連付けさせるだけ)させた事だ。

Amazonの関連会社といえどもサイトも決済システムも違うのだからAmazonのサービスとは思えない。

オーディオブックの数が少ない上に月額1,500円というのも気に入らない。

Amazonプライムの月額が400円で、Kindle Unlimitedの月額が980円で、なぜコンテンツが乏しいAudibleの月額が1,500円もするのか理解に苦しむ。

普通の本の製作過程に読み手が加わっているのだから仕方がないのか。

そもそも、こんなサービスを利用しなくてもアレクサを持っていればKindle本を読んでくれるのだ。若干カタコトだが、より人間らしくアップデートされていくだろう。

試そうか迷っている人はやめておいた方がいいと私は思う。月額1,500円も払うならアレクサを買った方がいい。という事でした。

スポンサーリンク

audibleのアプリ操作画像