【方法】KORG nanoPAD2の反応が悪いので改造した

Korg nano padの写真


KORG nano Pad2を買ったが、評判通りとても感度が悪かったので改造(テープ貼るだけ)をする事にした。今回はその方法を紹介する。

最初はそのまま使おうと思ったのだが、突き指しそうなので改造する事にしたのだ。まあ安い商品なので仕方がない。

 

作業開始

まずは裏側のネジを外す。
Korg nano padの写真

 

その後、基盤のネジも外す。基盤のネジは3つある。本体のネジと混ざらないように注意。
Korg nano padの写真

 

基盤を持ち上げて横にどかす。基盤はタッチパッド部分とつながっているので優しく、タッチパッド部分の逆から本を開くように作業する。
Korg nano padの写真

 

黒い四角が並んだシートを外す。裏表があるので戻す時に分からなくならないように注意して外す。
Korg nano padの写真

 

このゴム部分にテープを貼る。私は絶縁テープを2枚重ねで貼った。
Korg nano padの写真

 

こんな感じ。
Korg nano padの写真

 

以上。後は順番に組み立て、戻していく。

 

結果

自分はこれでかなり感度が良くなったが、逆にパッドの「押した感」は皆無になってしまった。

まあそれでもタッチが反応しないよりは良いだろう。

スポンサーリンク

Korg nano padの写真