iPhone11が久々に欲しいと思える魅力的なiPhoneだった理由

appleイベントの画像

iPhone11が先日発表された。値段も全体的に抑えられており買い替えやすくなった印象だ。最新のiPhoneはいらない派の私も、iPhone11は魅力的に見える。そこで今回はなぜiPhone11が魅力的かを書いていきたい。

 

旧式と比較して値段がほとんど変わらない

いずれも128BGで、
・iPhone8:57,800円
・iPhone XR:69,800円
・iPhone11:79,800円
・iPhone11 Pro:122,800円(128GBがないので256GB)

となっている。iPhone8がかなり安い印象だが、約2万円出すとiPhone11が買えるのだ。

この2万円をどう捉えるかは人それぞれだが、私は2万円出した方がお得だと思える。

理由は単純で、カメラの性能が格段に進化しているからだ。ただ画質が増しただけではない。

 

iPhone11とそれ以前のカメラは別物

上に書いた「ただ画質が増しただけ」と言うのは間違いで、画素数だけで言えばiPhone8から進化はしていない。

12MPのままだ。もっと言えばiPhone SEも同じ12MPだ。

何が進化したかと言えば、まず画角が変わっている。

iPhone8 Plusも2つのレンズが備わっているが、それは広角と望遠だった。iPhone11は広角と超広角の2つに変わっているのだ。

画角は好みだが、私は広角好きなのでこれだけでも買う価値はあると思ってしまう。

iPhone11 Proはこれにさらに望遠レンズが搭載された3レンズになっている。望遠を好まない(15万円もだして望遠レンズを買いましたが。。。)ので値段どうこう以前に魅力を感じないのだ。

ちなみに、iPhone11と同等の画角(35mm換算13mm)と絞り値(F2.8)のレンズをミラーレスで買うと20万円ほどになる。FUJIFILMの場合。

 

画像処理のシステムが一層進化

先ほども書いた画素数が変わらないと言う事。

これは日本のスマホメーカーがユーザーを騙す手法とは大きく違っていて評価できる。

センサーサイズが小さいスマホでは画素数は重要ではない。1200万画素でも多いと思う。

APS-Cという大きめのセンサーサイズの一眼レフでも、他社が2400万画素以上で発売する中、富士フィルムは1200万画素で出し続けていた。

ましてディスプレイで見る事が主なスマホカメラにそこまでの画素数は不要だろう。

重要なのは画像処理のプログラムだ。

iPhone11のその力が発揮されるのがナイトモードという暗所での撮影だ。

インテリジェントなソフトウェアとA13 Bionicが新しい広角カメラセンサーと連係。これまでのiPhoneではできなかったことができます。その一つが、明るさが極端に少ない場所で美しく精細な写真を撮ることです。

と公式に書かれてるのがなんのこっちゃと言いたくなる。

なんのこっちゃだが完成した写真が美しい事に間違いはない。

ものすごく簡単に書くと、複数枚を撮影し、その中で綺麗に撮影できた部分(写真でなく部分)を拾い、手ブレした部分を捨て、合成し、コントラストを合わせ、自然な見た目に仕上げる。

と言う過程を一瞬で行い美しい1枚の写真に仕上げているのだ。

これは画像処理プログラムのほか、一見オーバースペックとも思えるA13という最新のチップがあるおかげで実現している。

ハードとソフトがバランスよく考えられているのだ。

ハードとソフトを作るAppleだからできる技とも言える。

また、その画像処理プログラムのおかげで13mmと言う超広角ながら歪みが少なく、歪み補正で起こる画質の劣化も気にならない。

まさに、iPhone11とそれ以前のカメラは別物なのだ。

 

ゲームやる人はiPhone11、一択

今回のAppleのイベントの目玉はApple Arcadeという定額制のゲームプラットホームだと思っている。

Apple自身もイベントの一番初めにこのApple Arcadeを持ってきていた。

そして先日リリースしたiOS13でPS4とXboxのコントローラーが使えるようになった事からも力の入れ具合がわかる。

おそらくこれからは今までハイスペックPC向けだったゲームもiPhoneやiPadで登場してくるだろう。

ゲームをよくやる人はハイパワーなA13チップを搭載したiPhone11は魅力的なはずだ。

ちなみに、上位のiPhone11 ProはProと言っておきながらチップの性能はiPhone11と同じである。

意外に盲点。

 

iPhone8の最強な点

ここまでiPhone11を褒めてきたが、iPhone8の方が便利な点が1つある。

それは現在発売されているiPhoneで指紋認証が使える唯一の機種という事だ。

iPhone11は当然顔認証になってしまっている。

私は春は花粉症、冬は寒さと風邪予防でマスクを着用するので顔認証は不便なのだ。

よほど重症な病気以外ではマスクをしないアメリカ人との文化の差である。

 

というわけでiPhone11が欲しいというコラムでした。

appleイベントの画像