道交法改正! iPhoneを運転中にミュートする方法で予防しよう。

警察のイラスト

道交法が改正され、自動車の運転中のスマホ操作がより厳罰化する。そこで、運転中、iPhoneの着信などをミュートする方法を紹介する。

特に高速バスに乗っているとトラック運転手のスマホ操作の多い事に驚かされる。社名の入ったトラックでそのような行為をするのだから頭がおかしいとしか言いようがない。そう言う会社はおそらく会社に通報しても意味がないので、ツイッターなどで公開してもいいだろう。

 

運転モードの設定方法

1, 『設定』appから『おやすみモード』を選択

iPhoneのスクリーンショット

 

2, 『運転中の通知を停止』項目を選択

iPhoneのスクリーンショット

 

3, 『自動』を選択

iPhoneのスクリーンショット

 

これで自動車に乗った場合、自動的に通知が停止され、ミュート状態になる。iPhoneの移動速度から判断して自動的にONになるので、助手席に乗った場合でも通知が停止されるデメリットがある。

 

その他の方法

上記の方法が嫌だと言う人はコントロールセンターから手動でオンにする方法がある。

iPhoneのスクリーンショット

 

コントロールセンターに表示させる方法は、『設定』→『コントロールセンター』→『コントロールをカスタマイズ』→『運転中の通知を停止』を追加する。

iPhoneのスクリーンショット

 

デメリット

運転モードと言いつつ、おやすみモードを運転中に適用すると言うだけなので、ショートカットをおやすみモードに適用しているとそれが動作してしまう。

私の場合、夜の11時におやすみモードをオンにし、おやすみモードがオンになった場合、朝7時の目覚ましをセットすると言うショートカットを組んでいるのでそれが動作してしまう。

この辺がデメリット。

と言うわけで、安全運転を心がけましょう。

警察のイラスト