iPhone iOS13の省データモードってなんだ?

5Gのイラスト

iPhoneに『省データモード』なる機能が追加されていた。iOS13の機能のようだが、なんの事かさっぱりだったので今回はこの省データモードを説明したい。

 

オンオフはWi-Fi設定、モバイル通信設定で

設定→Wi-Fi→(i)マーク→省データモード
省データモードの画像

設定→モバイル通信→通信のオプション→省データモード
省データモードの画像

でオンオフの切り替えが可能だ。

 

省データモードをオンにすると

・appのバックグラウンド更新が全てオフになる
・使用していないappのデータ通信頻度を抑える
・YouTubeなどのストリーミングの画質を抑えて通信量を節約
・自動バックアップを無効化
・自動アップデートを無効化
・iCloudの写真同期が無効化
・FaceTimeなどのビデオ通話の画質を抑えて通信量を節約

などが行われてデータ通信量を抑えてくれる。

 

どんな時に使うのが良いのか

もちろんデータ通信量を節約したい時。

例えば月の使用量が上限に迫った時など。Appleは通信速度が遅い時の使用も勧めている。

 

使うメリットはあるのか

正直、Wi-Fiはもちろん、モバイル通信でもオンにするメリットはないと思う。

私は格安SIMで月1GBプランなのだが、省データモードがオフでもYouTubeやプライムビデオをモバイル通信で見なければ十分間に合う。

これでストリーミングが低画質になって通信量を抑えたとしても、そもそも月1GBなのですぐにオーバーしてしまうだろう。

ちなみに、Amazonビデオは標準画質で1時間あたり約380MBの通信量だ。

Appleは通信速度の遅いエリア(フリーWi-Fiなど)で使う時にオンにする事を勧めているが、それもアプリ側で自動で調節してくれるので必要ない。

例えばYouTubeも通信速度が遅いと自動で画質を落として読み込んでくれる。

 

というわけで、「『省データモード』はいらない機能だと思う」が結論の省データモードの説明でした。

5Gのイラスト