ポルシェのEV、タイカンが燃えた! やはりEVは危険なのか?

燃えたタイカンの写真

今回はポルシェのEV、タイカンが燃えたという話。「テスラがまた燃えた!!」と騒ぐのが好きな人は大注目のニュースです。

EV専門の記者が書いた記事を参考
『Porsche Taycan caught on fire — burning down a garage in Florida』

闇の力で消されなければ動画でも見れる

 

記事の概要

・フロリダでポルシェ タイカンが燃えてガレージが全焼した。
・米国に出荷された130台のうちの1台だ。
・所有者は「ガレージで爆発した」と語っている。
・ポルシェは初の事例だと取材に答えた。
・事実はガソリン車の方がEV車より燃える頻度が高い。
・だがEVが燃えると注目を集める。

 

私が思う事

テスラはよく(実際は大ニュースで取り上げられるので”よく”と思っているが数回だけ)燃える。

すると「テスラは燃える!」とアンチテスラが騒ぐが、世界のポルシェのEVも燃えるじゃんという話。

要はどこに注目するかという事。

ガソリン車が燃える頻度の方が多いが、ニュースにならないので”燃えていない”と思っているだけ。

EV自動車に限らず100%安全はありえないよね。

少し前にポケットに入れたり充電中のスマホが爆発するというニュースが巷を騒がせたが、あれもバッテリーが原因の発火だった。

それはチャイナの格安スマホだけでなく、iPhoneも数台は燃えているし、Macも未だにバッテリーの異常加熱による回収プログラムを出している。

おそらく今でも世界のどこかで充電中のスマホが爆発しているだろうが、ニュースにならないので”起こっていない”と思っているだけ。

タイカンが燃えたニュースはあまり大きな話題になっていないので、タイカンユーザーはテスラの発火ニュースを見て「やはりベンチャーのEVはレベルが低い。ポルシェは一流だ」とでも思っている。

どこに注目するかというだけの話なのだ。

 

EVは怖くて乗れない?

スマホと車では安全性の度合いが違う。

命に関わるのに発火するかもしれないEVは怖くて乗れないという人もいるだろう。

だが、タカタのエアバックリコールを考えて欲しい。これは死者も出ている重大な話だが、みんな疑問を持たず乗っていたし、今でも乗っている人がいる。

先ほども書いたが、頻度で言えばガソリン車の方がよく燃えている。

繰り返すが、どこに注目するかというだけの話なのだ。

というわけで、ポルシェのEV『タイカン』も燃えましたよという話でした。

燃えたタイカンの写真