NVIDIA GeForce nowでFortniteがどれほど快適に動くのかMacで実験

20200703GeForceNOW0

NVIDIAが提供を開始したGeforce nowというサービスを使ってFortniteをプレイしてみたので感想を書く。

 

動画でも出してます

 

Geforce nowとは

簡単に言えばゲーム処理の代行サービスだ。

最近のパソコンゲームは高解像度3Dや広大なステージのおかげでかなり処理能力の高いパソコンを要求される。

なので快適にパソコンゲームが楽しめるユーザーは限られていた。

そこでNVIDIAがその処理を代行するサービスを提供する事にしたのだ。

それがGeforce nowだ。

ゲーム処理は全てNVIDIAのサーバー上で行う。ユーザーはその映像を受信するだけなので、ひと昔前のパソコンでも、処理能力の低いパソコンでも、スマホでも、インターネット環境さえ整っていれば快適にパソコンゲームが楽しめるというわけだ。

仕組みとしては、
自分のMac (PC)
↓↑
Geforce nowサーバー
↓↑
Fortniteサーバー
となっている。

 

利用料金

GeForce NOWの料金画像

日本ではソフトバンクと提携してサービス提供している。なので値段が高い。

日本ではお試し期間が過ぎると、月額1,800円かかる。

アメリカでは無料プランが用意されている他、初めの1年間は月額500円(4.99ドル)とかなりお得だ。

ソフトバンクふざけるな!

 

Geforce nowのおすすめ設定

GeForce NOWの設定画像

で、FortniteをプレイしたのだがGeforce nowの設定で快適度合いが変わる事が判明したのでメモしておく。

最大ビットレート:自動
自分の回線状況で設定してくれる自動でいいでしょう。

直接マウス入力:オン
マウスの反応がすこぶる悪かったが、この機能をオンにするとマシになった。不具合が出ないならばオンにしておく事をおすすめする。

フレームレート:60fps
Geforce nowで提供されるfpsの上限が60fpsなので、Fortniteの設定で144fpsにしても60fpsでしか表示されない点は注意だ。

解像度:1440×900
解像度サイズは気にならない程度に小さくした方が送受信するデーター量が少ないので安定する。お好みで。

VSync:オフ
これは映像が分断されるのを防ぐ機能だが、ラグが発生するのでオフ。Fortnite上にも同様の機能があるが、そちらもオフ。

 

Fortniteをプレイした感想

ちなみに私のネット速度

ネット回線速度の画像

Fortnite全て最高設定でプレイ

Fortniteの設定画面1

まず、全てを最高にした設定でプレイしてみた。私のMacだとカクカクでお話にならない設定だ。

それがGeforce nowでプレイするとカクカクしないでプレイできる。感動ものである。

70fps~90fpsくらいが安定して出ていた。

ただし、視点変更操作が反映されるのが0.5秒程遅れるのでエイムが定まらない。

よって実用的ではない。

 

Fortniteいつもの設定でプレイ

Fortniteの設定画面2

次に、普段私がMacで使っている設定にしてみた。

この設定だといつものMacでは60fps以上が出るのだが、ガクンと10fps程に下がりカクカクする瞬間がある。なので快適とは言えない状態だった。

それがGeforce nowでプレイすると、驚くほどに快適。

120fps~140fpsくらいが安定して出ていた。

時たま起こるfpsの低下は体感でわかる程ではなく、快適にプレイする事が可能だ。

視点変更の反応も先程の最高設定よりかなり良く、コントローラーを使えばリアルタイムで反応してくてる。問題なくプレイ可能だ。

ただし、マウスを使ってのプレイだと反応がやや遅れるので、マウスでのプレイはおすすめできない。

 

FPSに関する注意情報

先ほども書いているが、Geforce nowの仕様で60fpsが上限となっている。

今回はGeforce nowの処理能力を確かめる実験として高fpsを設定してみただけだ。

Fortniteの画面で144fps出ていたとしても、Geforce nowサーバーから送られてくるFortniteの映像は60fpsである。

なので実機で144fps出しているプレイヤーと対戦すると不利だという事は頭に入れておこう。

 

まとめ

というわけで、想像以上に快適にプレイできて驚いた。

十分実用的だ。

ただし、月額1,800円は高過ぎるので会員になるつもりはない。

20200703GeForceNOW0