みずほ銀行解約! 最後まで最悪だったみずほ銀行にさよならを言おう

銀行解約

というわけで、時代錯誤のみずほ銀行の口座を解約したのだが、最後の最後までクソッタレだったので紹介する。

みずほ銀行をクソだと思った過去記事はこちら
もうみずほ銀行はいらない。みずほマイレージクラブ大改悪の巻

https://www.shinanomatsumoto.com/2019/11/bad-mizuho/

ネットで解約できないクソ仕様

みずほダイレクトもあるので、ネットで解約できると思っていたが窓口でしかできないという化石みたいな仕様で度肝を抜かれた。

わけがわからないよ。

ハンコも無いし通帳もないよ

というわけで、今では住信SBI銀行を使っているのですっかり使わなくなっていたみずほ銀行。

だもんでハンコも不明だし通帳なんて遥か昔に捨ててしまった(残高はネットで見れるので不必要)。

んで、ハンコと通帳がない人にはセキュリティー的に質問をしなくてはいけないようで、そのやりとりがこんな感じ。

みずほ「本人確認のために質問をさせてください」

私「はい。(いま運転免許証見ただろ)」

みずほ「何年くらい前に口座をお作りになりましたか?」

私「??? 覚えてませんけど」

みずほ「大体でいいので」

私「小学校くらいなんで2000年くらいですかね」

みずほ「そんなに前ですか?」

私「だからそんなのいちいち覚えてないんですけど」

みずほ「2005年くらいですかね?」

私「ああ、そうかもしれませんね。覚えてないですけど」

みずほ「ありがとうございました。大丈夫です」

はああぁぁぁーー!?

ちなみにSBI銀行はハンコ不要です。どうするのって感じだと思いますが、自動引き落としなどの時にはメールに認証URLが送られてきてそこから手続きするので問題ありません。

なんなのこの無駄な会話!!

って事で、本人確認の質問は終わったのだが、なんなのだろうか、この無駄な会話は。

そもそも、口座を作った年を覚えている人いるのか?

そして、この会話でセキュリティーレベルが上がるのか?

全くもって銀行らしい無駄な内容のやりとりだと思った。

ってわけで、解約書類に書き書き。持っていった違うハンコをポチポチ。

解約完了。。。

この作業、ネットでよくねーっ!?

本人確認書類も添付ファイルで送れるじゃん!!

わけがわからないよ。

余談:案内おじさん、タッチパネルおばさん要らない

余談になるが、かなり久々に銀行窓口に行ったが未だに案内役のおじさんとタッチパネルを押すだけのおばさんがいて驚いた。

この人たち要らないだろ、どう考えても。

大手メガバンに言いたいのは、手数料をあげる前に削れる部分っていっぱいあると思うんですよね。

どう考えても不要でしょって職の人が多すぎると思うんですよね。

ちなみに、マイナス金利で銀行業が厳しいってのは、日銀当座預金の超過分がマイナス金利なだけなので貸し渋ってる銀行が悪いって話でお仕舞いです。

要は効率の悪い旧態依然の経営体制を見直さないからってだけです。

銀行解約